今押さえておくべき音楽教えます。 これであなたも音楽通

主観的な感性にて足と時間で仕入れた今来ているバンド教えます!このブログ見るだけであなたも音楽通です!

ドイツ出身のポストハードコアバンド、Burning Down Alaskaが改名? 改名後のAlazkaってどんなバンド?

皆さんこんにちは!

今日もお仕事に学業に励まれているかと思います。

私もバリバリに働いております。

週末が待ち遠しい限りでございます。

 

りーちです。

 

さあ、今回は題名にもあるようにAlazkaというバンドについて紹介をしていきたいと思います。

みなさんもう知っていたりメンバーをみてお気づきの方も多いとは思いますが、このバンド実はあのドイツ出身で日本でも音楽好きの間では絶大な人気を誇っていたBurning Down Alaskaが改名したバンドだったんですね。

 

Burning Down Alasak自体は2012年に活動を開始しており日本では2016に国内盤の「Values & Virtues」がリリースされております。

gekirock.com

当時私自身も待ちに待った国内盤のリリースだったのでもちろんCDを購入しました。

当時からニューウェーブ・ハードコアと称されることが多く、今後の重要なバンドになっていくことは必須であるのかなと思われていたと思います。

個人的にはヨーロッパのハードコアバンドが得意とする叙情感も持たせつつオージーハードコアっぽい壮大な楽曲の構成でかなりドはまりしていました。

そういえば来日ツアーが突然キャンセルになり大いなるショックを受けた記憶があります。(笑)

ALTERNATIVE PRESS JAPAN | 【NEWS】ドイツ出身ニューウェーブ・ハードコアバンドBurning Down Alaskaの来日ツアーがキャンセルに

 

そんな彼らですがレコード会社を「redfield records」から昨年発足し今ではAttila,Emmure,We Came As Romansとそうそうたるバンドが所属する「Sharp Stone Records」への移籍を今年の4月に発表した際に改名を発表、新規一転ということなのでしょうか新しく発表しましたアルバムもデビューアルバムとして発表をしております。

何か深い理由があるのか、、、。

海外のバンドは思い切った変更結構ありますからね、、、。

altpress.jp

私はこの時名前まで変わっていて当時やっていたバンドメンバーに言われるまで気づかなかったです。(笑)

 

そんな新体制で活動を再開させたAlazkaですが、

楽曲面では変化があったのでしょうか。

私AlazkaのアルバムPhoenixも当然買いましたので聴き比べを行いました。

ALTERNATIVE PRESS JAPAN | 【NEWS】ドイツ産ポストハードコアバンドALAZKA (Sharptone Records)がデビュー・アルバム「Phoenix」をYouTubeでも公開

 

先ほども紹介させていただきました通りBurning Down Alaska時代の楽曲はよりポストハードコア色が強めかなと感じます。

その中にメロデックなリフがちりばめられていますね。

いわゆるポストハードコア好きな人が好きそうな感じかなと思います。

 

またライブ映像とか見ても結構音源通りっぽくてかっこよさそうでした。

生で見たかった。(笑)

 

いっぽう今回からのAlazkaではクリーンパートが明らかに増えておりより多くのターゲットに向けた楽曲になっているイメージを受けました。

前が比率的に8:2くらいだったのが6:4ぐらいまでになっているかなって感じです。

どっちかというとIssuesとかWe Came As Romansっぽい印象を受けました。

ただ楽曲のメディックなリフ、曲の持つ壮大感は変わらず顕在なので以前好きな方が離れていくということは少ないのかなと思います。

まあ、普通にかっけーです。(笑)

前の楽曲も現在演奏しているのかはわかりませんが、演奏している状態ですぐにでも来日ツアーのリベンジを行ってほしいですね。個人的には。(笑)

 

今回比較してみて若干楽曲としての路線変更はあったようですが相変わらずかっこいいバンドなので引き続きみなさん目を離さずにチェックしていきましょう。

(それにしてもSharp Stone Recordsが気になりますね。)

 

バンドの詳細はこちらから↓↓↓

www.alazkaofficial.com

楽曲はこちらから↓↓↓

Phoenix

Phoenix

 

 

 

今回はこの辺で。

 

りーちでした。

 

 

 

カラオケバトルに出演、AISHAってどんなアーティスト?

こんにちは!

 

 

最近はめっぽう寒くなりましたね。

そろそろ最新のアウターとか気になります。りーちです。

 

さあ、今回は少し趣向を変えまして、先日仕事帰りにたまたまみていたカラオケバトルにAISHAという方が出演されていました。

僕この方どっかで見たことあるよなーってずっと思っていて思い出しました。

このPVで見たんだ!!!と。

 

そう、Anarchyの楽曲のfeatで知っていたんですね。

この曲はAnarchyがメジャーに行ってすぐらいの曲だったような気がするので個人的にめちゃくちゃ覚えてました。

 

この辺の関連でツイートをしたらAISAHさん本人からいいね!をいただきまして感無量でございます。この場を借りてお礼申し上げます。

 

そこでせっかくなのでAISAHさんについて調べてみました。

 

AISAHさんはアメリカ人と日本人のハーフで番組でもそうでしたけど英語はペラペラのようですね。

お父さんが有名なトロンボーン奏者の方のようで、音楽ポテンシャル高めの予感しかしません。

生い立ちについては下記の記事に書いてあるのでみなさん読んでみてください。

bmr.jp

白人音楽禁止ってヤバイですよね。(笑)

 

音楽では2010年にデビューされてます。

また、2012年に発表された楽曲はあの僕も大好きな「NARUTO疾風伝」のEDテーマだったようです。

 

この辺自分疎いのでいかんですね。

R&B強めのイメージなのかなと思っていましたが結構ポップチューンもあるんですね。

AISHAさん僕もいままでHipHopとか聞くのにあんまり知らなくてダメだったのですがかなりR&B界では有名な方であり、更に音楽関係者の人からの評価が高いようです。

 その証拠にあのGang StarのGURUとかRUN-DMCとのコラボ経験もあるようです。

 

このコラボはレジェンドすぎますよね。

この辺の人たちが注目するということは間違いない感があります。

結構ディグっていくとファンクっぽい曲調のとかもあってこのブラックミュージック感はあまり日本人アーティストでは感じられないですよね。

 

また最近では世界的に人気のフィットネスZUMBAの公式ソングも担当されているようです。

(ごめんなさい、僕はZUMBAをよく知らなかったです。)

 

このようにR&B系でブラックミュージック好きな人とか最初に紹介したようにAnarchyとかのラッパーとの絡みとかもあるようなのでそのあたりのストーリター達でまだ知らない人達は要チェックなんではないでしょうか!

 

公式サイトはこちらから↓↓↓

AISHA Official Website

 

楽曲はこちらから↓↓↓

Pink Diamond

Pink Diamond

 

 

 

僕もこの辺りのジャンルは本当に弱いので勉強します。

 

りーちでした。

 

今日本で押さえておくべきメタルコア、ポストハードコアバンドって?第4弾

皆さんこんにちは。

いい感じに社畜に仕上がりつつあり中々ブログの更新にたどり着けないりーちです。

 

最近はすっかり紅葉シーズンのようで私の地元も紅葉の観光客で大賑わいです。

私も時間があったら行きたいなとは思っています。

また、私事ですが現在ロゴデザイン等デザインの依頼承っておりますので一度ご相談ください。

 

さあ、本題に入りまして今回も題名にありますようにイケイケな日本バンドを紹介していきたいなと思いますが、

 

その前に先日非常に悲しいニュースがありました。

 

本日ブログでも紹介をさせていただきました「Victim of Deception」のボーカルであるDaichiさんが急病で逝去されました。

私も実際に何度もステージングを見たことがありましたし、完全に唯一無二のフロントマンであり非常に残念です。この場で大変失礼かとは思いますが、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

さて今回紹介させていただきます最初のバンドはAzamiです!

 

2013年に埼玉県で結成されましたメロディックハードコアバンドになります。

上記の楽曲ヘイトスピーチで一気に知名度を上げた彼らですが、この楽曲を聴いてもらうだけでもわかりますが、日本語の歌詞の上にメロディックなリフが乗っており唯一無二な音楽性をバリバリに出してきております。

ジャパニーズ叙情系の化身って感じがしますね。

 

歌詞が日本語なので私たちににもメッセージ性がダイレクトに響いてきますし、かなり心打たれるナンバーぞろいです。

また楽曲事態もかなり攻撃的で荒々しいのですがどこかJpop風な雰囲気も感じまして聴きにくそうで超聴きやすいバンドですので必聴のバンドかと思います。

またこのバンドかなり話題も豊富でして今年SiM主催のDeadPopフェスティバルで楽器の試奏コーナーにメンバーで乗り込んで即興で2曲演奏を行うというどえらいことをやったバンドなんです。

(すませんちょっと動画はありませんでした。)

そんな話題沸騰中のAzamiですが今年1stミニアルバム「DAWN」をリリースし現在ツアーの真っ最中です。この機にぜひ現場でリアルAzamiを感じてみてください。

 

彼らをもっと詳しく知りたい方はこちら↓↓↓

gekirock.com

彼らの楽曲はこちらから↓↓↓

http://tower.jp/item/4549906

 

さあ続きまして紹介するバンドはFalling Asleepです! 

彼らは2015年長野県で結成されたメロディックハードコアバンドになります。

現在は一部メンバーの上京に合わせて東京で精力的にバンド活動を行っています。

 

バンドキャリアとしてはまだ新しい彼らですが楽曲のクオリティは非常に高く叙情系のメロディックハードコアを軸としている中にもニューメタル要素、初期メタルコアの様なブレイクダウンをふんだんに織り込んでおり、新旧のラウドファンの心を掴んでくること間違いなしではないかと思います。

また先ほど紹介しましたAzamiも参加しているTRIPLE VISION entertainmentが企画するコンピレーションアルバムBRAT PACK2017に楽曲が収録されている辺り今後の期待値の高さがわかりますね。

f:id:reach4010:20171121155712p:plain

そんな彼らですが今年の7月に2nd EP「Absence」をリリースしております。

上記に乗せた楽曲も収録されていますので皆さんマストチェックですよ。

またもちろん彼らも現場にてチェックすることが必須です。

 

彼らを詳しく知りたい方はこちら↓↓↓

fallingasleep-band.tumblr.com

 

彼らの楽曲はこちら↓↓↓

https://itunes.apple.com/jp/album/abs...

 

さあ皆さん今回紹介したバンドも現場でぜひチェックしましょう。

 

りーちでした。

 

 

今日本で押さえておくべきメタルコア、ポストハードコアバンドって?第3弾

こんにちは!

 

りーちです。

最近元バンドメンバーと飲みに行って最新バンド情報もガンガン仕入れましたのでいい感じです。

 

今回も日本で押さえておくべきバンドを2バンド紹介していきたいと思います。

 

まず今回紹介したいのは

Earthists.

です!

2014年に東京で結成されたプログレッシヴメタルコアバンドで、現在はなんとALESANAやA Skylit Driveを排出した超名門Tragic Hero Recordsと契約結んでいます。

冷静に考えてかなりすごいですよね。

また彼らは今年韓国、台湾、ベトナムカンボジアと海外でのライブもことごとく成功をおさめておりまさにワールドワイドで評価を得ているバンドであるのは間違いありません。

重ねて今後確実に日本で重要なポジションを担っていくバンドに間違いありません。

 

そんな彼らを僕は実際何度か見たことありまして実際に見た感想と致しましてはまずメタルコアバンドなのに美しいなという感覚を受けました。

同期音にもピアノメロディアスに流れておりなんだか感動受けました。

またこういった同期を使うバンドは私もやっていましたが演奏がめちゃくちゃ難しいです。そこを美しいと感じさせるというのはそのバンドの自力の高さを感じます。

 

ぜひ現場で生の音を感じてください。

そして音源を手に入れることがマストになってくると思います。

彼らを更に詳しく知るにはこちら↓↓↓

gekirock.com

彼らの音源はこちら↓↓↓

DREAMSCAPE

DREAMSCAPE

 

 

さて続いて紹介をさせていただくバンドは

「Vsion of Fatima」 

です!

 

京都で2010年に結成されたカオティックポストハードコアバンドでして、一言でいうと狂ってるのかなってイメージです。(笑)

楽曲としてはいわゆるポストハードコアではあるのですが個人的に非常に感じるものがあったので今回紹介をさせてもらいました。

私はまだ実際にこの目で見たことはないのですがかなろ攻撃的なライブをすると聴いております。

楽曲もかなり攻撃的なので納得ではあります。

 

この動画の最初の画像でもボーカルの方流血してますもんね。(笑)

動画内では流血しているようには見えませんでしたが。。。

ただこの動画をみるだけでもめちゃくちゃかっこいいのでこれはマジで現場で確認する使命感を感じました。

活動期間が長くてもこんなに情熱的なライブをするっていうのは本当にかっこいいですよね。

 

皆さんもぜひ現場で確認をして生を感じましょう!

彼らの音源はこちらから↓↓↓

In Your Blot : _

In Your Blot : _

 

 

では今日はこの辺りで!

 

りーちでした!

 

 

いま日本で押さえておくべきメタルコア、ポストハードコアバンドって?第2弾

 皆さんこんにちは!

りーちです。

 

いろいろ忙しくて更新全然できてませんでした、、、。

 

最近ブログの方ではあまり動けていませんでしたが、最近Twitterでも紹介がありましたように私ロゴのデザイン等もはじめましたのでよかったら見てください。

またご依頼等ありましたら承ります。

 参考のツイート等貼っておきますのでぜひに!

 

さて本題ですが今回も僕の独断と偏見で先回紹介をしましたバンドに加えまして第2弾で日本のバンドを紹介させていただきますので是非ごらんください。

 

まず今回紹介させていただくバンドはこちら

「Victim of Deception」です!

このバンドは2014年に東京で結成されました。

結成当初から演奏力と楽曲のクオリティの高さで評判が非常に高いバンドでした。

ジャンルとしてはデスコアに近いのかもしれません。

 

僕の第一印象としては、「ただの外タレやん、、、」って感じです。

本当に個々の能力の高いバンドだなという印象があります。

ライブも何度か見たことがあるのですがほんとに音源通りというかとにかく一見の価値ありかなと思います。

またライブ中はほとんどMCをしないイメージがあるんですがそれがまた全体として世界観が統一されていて個人的には胸熱でした。

 

年々知名度を上げているバンドでして今年はバンドで主催しそうそうたるメンツを揃えて臨んだサマーフェス「Summer of Deception」を大成功に収めています。

f:id:reach4010:20171029125934p:plain

また現在TRY IS MUDER とFIT FOR AN AUTOPSYの日本ツアーの全公演サポートが決まっておりまさに飛ぶ鳥を落とす勢いといった感じです。

「victim of deception」の画像検索結果

今後の活躍にも目が離せないバンドですので是非この機会を気にチェックしてみてください。

更に詳しい彼らを知りたい方はこちらから↓↓↓

gekirock.com

また音源はこちらから↓↓↓ 

VICTIM OF DECEPTION EP

VICTIM OF DECEPTION EP

 

 

さて続いて紹介をしたいのが

「Graupel」です!

このバンドは2014年に結成された東京のメタルコアバンドでして今年のCrystal Lake主催のイベントTrue North Festivalのオーディションの勝者になったことで一段と知名度を上げたバンドです。

「true north festival」の画像検索結果

皆さんの中でもこれをきっかけに知った人も多いのではないでしょうか?

このバンドは僕はまだみたことないのですが映像や楽曲、知り合いから聞く話をまとめますと超技巧派バンドであるようですね。 

なんでもある楽曲のブレイクダウンのリズムがマジで人間離れしているという噂なのでぜひ僕も現場で確かめてみたいものなんですよね。

てか上に貼った曲を聴くだけでもブレイクダウンも含めてやばさは十分伝わってくるんですが、、、(笑)

正直技巧派と聴いていたのでプログレッシヴな感じをイメージしていたのですがどうやら違うようで、かっちりメタルコアでヘビーな楽曲ですね。

より現場で見たくなります。

非常にフットワークのあるバンドのようで以前は1日に名古屋と大阪のライブ両方に出演したという逸話もあるそうなのでみなさんお住まいの地域で彼らを見られるチャンスはあるかもです。

このバンドも現在異常な速さで知名度をあげているので皆さんも乗り遅れる前に要チェックなバンドです。

彼らの情報はこちらから↓↓↓

https://ja-jp.facebook.com/graupeljp/

彼らの楽曲はこちらから↓↓↓

Etherial | Graupel

 

ではみなさんまた次回お会いしましょう!

 

りーちでした!

 

 

 

今の日本で押さえておくべきメタルコア、ポストハードコアバンドって?第1弾

こんにちは!

りーちです。

さすがに少し寒くなってきましたね。

僕も長袖おろしました。

さて、今回は題名の通りなんですが、最近各種大きフェスやイベントにラウドバンドの出演が増えてきました。

Crossfaith、coldrain、SIMといったバンドを知っている方が非常に増えてきたと思います。そんな中で今ライブハウスではどんなバンドが来ているのか聞かれることが多くなってきました!

そこで今回は私の得意なジャンルに絞って(メタルコア、ポストハードコア)今ノッているバンドを紹介していきたいと思います。

ほんとは自分で紹介したいバンドはほんとに多いんですけど今回はなるべく客観的な目をもって自分が現場で感じた空気をもとに紹介させていただきたいと思います。

 

まず初めに紹介させていただきたいバンドは

「Foad」

です!

 

ご存知の方も多いとは思います。

彼らは2012年に横浜で結成され、

今や間違いなく若手No.1を争うポストハードコアバンドの一つだと思います。

各種のおおいきいイベントに加え海外ではあのWhile She Sleeps台湾公演のサポートを務めました。

僕自身も本当に好きで何度もライブに足を運んでいます。

そんな彼らの楽曲ですが、

今のこのシーンに珍しくほとんど同期をしません。生音で楽曲を演奏します。

ほんとにギター1本?と思うような重厚なサウンドに時に力強時にメロディアスなシンガロングは一度見たら圧倒されること間違いなしだと思います。

まあ、もう実物をみてくださいな!!!

もっとFoadを知りたい方はこちらのインタビューをみていただければと思います。

gekirock.com

音源はこちらから!

 

saturation EP

saturation EP

 

 

さあ続いて紹介しますのは、

「Paledusk」

です!

 

こちらも今大注目のポストハードコアバンドです。

上記のFoadも若手ですが更にこのバンドのが若いと聞いたことがあります。

しかし、楽曲のレベルは若さに比例してません。めちゃめちゃかっこいいです。

そして何より、マーチがオシャレこれはマジで要チェックですよ!

そんな彼らですが福岡出身ながら驚きのフットワークの軽さを発揮しています。

自分も名古屋ですがほんとにこの夏結構みたなーって思います(笑)

彼らも韓国でのライブを成功させており国内外から人気の高いバンドです。

マーチも含め必ず現場で見ることがマストなバンドです!

最近メンバーチェンジもありましたが前進し続けているようなのでみなさんも目を離さずに!

彼らをもっと詳しく知りたければ下記の記事をどうぞ!

gekirock.com

ボーカルの方と僕の好きなラッパーがかぶりすぎてて個人的に上がりました(笑)

音源はこちらから!

 

War Declaration

War Declaration

 

 最近公開されたライブ映像も激熱ですよ!

 

今後も上記2バンドの行方には要チェックですね!

 

りーちでした!

メンバーチェンジをしてもかっこいいバンド特集 日本版

こんばんは!

りーちです。

 

 

先日メンバーチェンジをしてもバリバリにかっこいいバンドを2バンドを紹介しました。ただ、この間紹介させてもらったバンドはいずれも洋楽なんですけど実際僕らは日本に住んでいますので日本人バンドを紹介せなかんなと思いました(笑)

 

そこで今回はそんな日本でのメンバーチェンジをしても飛躍を続けるバンドの中で自分のオススメを紹介させてもらいたいと思います。

 

まず、紹介するのが僕のツイート、ブログにもたびたび登場するバンド

「Crystal Lake」です!!!

 

上記楽曲は一番最新のMVになります。

10月11日にはまた新しい音源を発表するとのこと。

 

Apollo

Apollo

 

 

現在国内外で抜群の評価を得ており飛ぶ鳥をおとす勢いのメタルコアバンドですね!

しかし、Crystal Lakeは僕の知りうる限りでもボーカル、ドラム、ベースが入れ替わっており何度もメンバーチェンジを乗り越えてきたバンドでもあるのです。

オリジナルメンバー時代に発表されている曲が下記になります。

 

この楽曲を見てあれ?声違うと思った方も多いかもしれませんがそう、ボーカルは現在のRyoさんではありませんでした。

しかし、この曲はいまだに検索をかけても上位に挙がってくるので根強い人気を誇る曲であることがわかります。

ちなみに僕がCrystal Lakeを知ったのは丁度ボーカルチェンジをした直後ぐらいでした。The Ghost Insideの来日ツアーだったんですが当時Ryoさんがこの楽曲を歌ってらっしゃってほんとにかっこよかったです。

今ではあまりライブでやることも少ないとは思いますけど自分の完璧な青春ソングの一つなんですなー。

 

ちょっと脱線してしまいましたがこの楽曲を含むアルバムをリリースしてしばらくしてからボーカルとドラムの方が脱退をされました。

そしてボーカルは現在のRyoさん、ドラムは田浦楽さんがサポートで加入をします。

RyoさんはCrystal Lake以前はInfectionというバンドでボーカルをされていました。

 

こちら当時の貴重な映像です。

そしてドラム田浦楽さんは現在ですとSOULJAPANとしての活動も有名ですね。

 

当時はLTTGやHYS、AGOFなどのサポートもされておりほんとにスーパードラマーでしたね。一度お話させていただいたことがあってAGOFの「Rain Named Desire」のドラムソロについて聞いたことがあるのですがなんかすごすぎて完全に別次元でした(笑)

 

こうした2人の加入を経て復活をしたCrystal Lakeは以前よりもさらに飛躍を加速させていくわけなんです。

ところでまだ楽さんはサポートメンバーなのだろうか、、、

アー写では写っていたりいなかったりなので自分の中でそこはかなりもやもやしているのですが、(笑)

しかしこのまま活動を続けていっている中で次はベースの方がバンドの脱退を余技なくされます。

その後一度正規メンバーが加入はしたのですが再度脱退という運びになったようで現在はSailing Before The Windというバンドでベースをやられている方がサポートをしています。

 

このバンドも私何度も見た事があるのですが、完璧に要チェックなバンドです。

楽曲を聴いてもらえばわかる通りそんなに簡単な曲ではありませんし、ステージングも非常に計算されているようなバンドです。

サポートといえどかなりのレベルが求められるバンドです。

そんな中でも、このように幾度となくメンバーチェンジを余儀なくされ、現在も正規メンバーを募集しながらも(ドラムはわかりませんが)確実に結果を残し続け確固たる地位を築きあげているのがCrystal Lakeなのです。

 

こんな日本の大先輩をみて何か学んでもらえるものがあればと思います。

 

今回は1バンドのみの紹介となってしましました、申し訳ありません。

Crystal Lakeは大好きすぎるのでまた記事を書かせてもらいたいと思います。

 

ではまたの機会に。

 

りーちでした。