休日基本家にいます。

これまで自分が聴いてきた音楽と、感じることを書いてきます。

個人的に思うこれから来る女性ボーカルバンド5選

こんばんは!!

 

りーちです。

 

最近ほんとに暑いですね。

僕は基本的に我慢弱いのでクーラーの部屋に入り浸ってますが、(笑)

 

さて!!!

今回はタイトルにもあるように女性ボーカルのバンドを紹介したいなと思います。

海外ではPramoreとかTonigt Aliveとか有名ですが国内にも女性ボーカルを擁するかっけーバンドは全然あるんですよ!

今回はその中でも主に今勢いありますよーとか知っておくべきバンドを完全に主観で選んで紹介していきたいと思います。

 

最初に紹介するバンドは「The Winking Owl」です!

 

去年だったかな?あの超有名ドラマーKenTさんが加入し、

 

メジャーデビューも果たした今ノリノッリのバンドですね。

かなりボーカルの方がハーフでリアル英詩と日本語がまじりあった中でのキャッチーなメロディです。

更にギターの方がWarped Tourに出演経験ありというかなりヤバイ方です。

そこにスーパードラマーのKenTさんが加入したんでかっこいいことは間違いないですね。今年はフェス等の出演も多かったみたいなので御覧になったことがある方も多いかもしれませんが、今後の活動には要チェックですね!

 

BLOOMING

BLOOMING

 

 

 

続いて紹介するバンドは「眩暈SIRENです!

 

個人的のは昔から超好きなバンドです。

このバンドの売りは何といってもこの世界観ですよね。

ほんとにこの世に存在してんのかなっていう、、夢なんじゃないのかなっていう。

その世界観を演出している歌詞のワードセンスがかなりやばいかなと!

一気にバンドの世界観に引き込まれます。

今年だしたミニアルバムは要チェックですよ!

 

六花

六花

 

 

さあ、続いて紹介するバンドは「SECONDWALL」 です!

 

上記の曲は

フジテレビ「明日もきっと君に恋をする。」

の主題歌でもありましたので知ってる方も多いのかなと思います。

結構ストレートなメッセージ性のあるバンドですね。

今回紹介するバンドの中で一番ラウド感のないバンドかもしれません。

疾走感のあるキャッチーなサウンドが聴きやすくどんな人にも薦めてもいいバンドなんじゃないかなーと思います!

昨年だした音源も要チェックですね!

 

OVER

OVER

 

 続いて紹介をしたいのは「Bless Of September 」です!

 

このバンドは札幌を中心に活動をしているエモ、ロックバンドですね。

実はこのバンドさんに関しては僕が以前やっていたバンドで対バンをさせてもらったことがありまして、かっけーと思っていたバンドさんです。

今回こういう機会なのでぜひ紹介させていただこうと思いまして今回紹介させてもらいました。

楽曲がもうなんか洋楽ですね、ほんと。

聴きごたえのある楽曲ですし3月に発売されているアルバムの曲ははずれなしです。

ライブもかっこいのでぜひ見てみて欲しいバンドです。

 

さあ、そして最後に紹介したいのは最近SNSでもいろんな意味で話題沸騰中のバンド

「キバオブアキバ」です!

 

もともとは男性ボーカルのみでしたが2年ほど前に女性ボーカルの方が加入されましたね。

以前の楽曲は下記です。

 

こちらのバンドは最近女性ボーカルの方がスッピンの画像をTwtterに上げて大反響を呼びました。

 

twitter.com

 

ぜひ上記アカウントの方チェックしてみてください。

キバオブアキバはバンド歴も長く非常に大きなステージにも何度もたっていますので知っている方も多いとは思いますがぜひこの機会にもう一度きいてみてください!

 

りーちでした。

 

マーチングバンドのドラムはマジで人間離れしている件

こんばんは!

 

りーちです。

 

夏本番って感じですね。

 

さて今日はマーチングバンドについて記事を書いてみたいなと思います。

みなさんマーチングバンドってご存知ですかね?

まあ、喋るより見てもらった方が早いのでひとまず見てください!

 

 

これは世界的に有名なDCIという団体の中のThe Cdetsというチームの演技になります。

どうでしょう。

普通にめちゃかっこよくないですか???

特に自分はドラムやってたんでほんとやべーなって思うんですけど、

実はなにを隠そう僕のドラムの原点はマーチングバンドのドラムなんですね実は。

全然こんなうまいチームにいなかったですし、その中でも別に上手いわけではなかったですけど、人生で初めてかっこいいと思ったドラムはマーチングドラムでした。

マーチングバンドのドラムセットとは違いチーム(ドラムライン)で一曲を演奏することにあります。

もちろんチームでやるのでそろっていた方がかっこいいですよね。

その中でマーチングバンドではスティックを上げる高さ、出すタイミング、目線、姿勢まで忠実に合わせることを練習します。

僕も初めて練習したときはスティックをひたすら出してしまってを繰り返していました。

 

ここからはマーチングドラムで主に演奏されている楽器を紹介していこうかなと思います。

まず初めに紹介するのはスネアドラムです!

 

 

御覧になっていただいた通りそう、ドラムセットのスネアとは全く違う音です。というか、別の楽器と考えていただいた方がいいですね。

スネアはマーチングバンドのチーム内でも司令塔の役割を果たします。

中でもこのスネアラインのセンターでたたいている人はドラムチームのリーダーを務めることが多く、チーム全体のテンポ司る人になります。

なので、非常に責任感があり、重要なポジションになります。

がそれ故にみなが憧れ目標とするポジションになります。

また、譜面もみてもらうとわかると思いますがスネアは一つの太鼓で多くのことを表現しています。そのため非常に譜面が複雑です。加えてそれをこのクオリィティで音をそろえてくるのですからもう人間離れしてますよね。

 

続いて紹介するのはテナードラム(クワォード)です!

 

みなさんこの楽器は見るの始めてのひともいるのではないでしょうか。

テナーはですねドラムセットでいうタムみたなものが5ないしは6個ついています。

この楽器はマーチングバンドでいうエースのような存在ですね。

非常に見た目からインパクトがありますし動きも派手です、クロスの動作も多いのでかっこいいです。

ちなみに僕は現役時代この楽器演奏してました。

見た目はかっこいいのですがめちゃくちゃ重いです。人気ものの代償でしょうか。

ほんとに重たいです。

この楽器も基本的にリーダー、まあみんなが合わせる人ですねそれはセンターの人が行います。で、センターの人はスネアの音や動きを見てテンポを刻むわけです。

 

そして最後に紹介するのがベースドラムです!

 

 

これ動画見てもらってどうですか。今回僕はこれが一番紹介したかったといっても過言ではない。

ドラムやってる人ならわかると思いますけどやってることやばいでしょ?

ベースドラムはドラムセットでいうバスドラムを5つの音階に分けて一人一人が演奏するようなイメージですね。上の二つの楽器と大きく違うのは一つの譜面をみんで合わせるのではなく5人で一つの譜面を完成させるというところにあります。

ほんとにこれは難しいと思います。

僕もこの楽器やってた時期ありますけどほんとにムズイ。

6連符の1音だけ鳴らすとかありますからね普通に。

ただ決まったときの快感はほんとに格別です。ほんとに動画のようなレベルになるとお互いの癖とかまで完璧に理解してんじゃないのかなって思います。

 

以上マーチングドラムのドラムラインの紹介でした。また、基本的どの楽器も足踏みをしていたと思うのですが最初の動画で見てもらった通り、本番はいろいろな位置を歩きまわります。(これも一人一人細かく位置が決まってます。)この状態を想定して常に歩きながらテンポを刻むのをクセにするためです。

どうだったでしょうか。

バンドをやっている方々にはかなり違う世界がお見せできたのではと思います。

今度はマーチングバンドのチームとか紹介しようかなと思います。

ありがとうございました!

 

りーちでした!

 

 

チェスターについて自分が感じたこと

こんにちは!

りーちです。

 

先日とても悲しいニュースがありましたね。

ALTERNATIVE PRESS JAPAN | ※UPDATE【NEWS】Linkin ParkのフロントマンChester Benningtonが逝去 (享年41歳)

f:id:reach4010:20170723223356j:plain

 

このニュースには全世界の人々にとってセンセーショナルな出来事でした。

私自身も以前にジャパンツアーに向けてLinkin Parkの記事を書いていたばっかりだっただけに非常にタイムリーにも感じました。

 

reach4010.hatenablog.com

 このブログを読んでいただいてもわかるように私にとってチェスター(Linkin Park)は本当に大きな存在でした。

 もちろん音楽に関わる人に関係なく世界中に影響を与えていた人だけに私のように感じていた人も少なくないはずです。

どうやら報道では自殺のようで、それもチェスターにとっての友人(クリスコーネル)の自殺が関係しているのではないかという話もあるようですが、そのあたりはまだ真相としてはわかっていないようですね。

2人が共演している動画が下記になります。

 

正直自分は音楽で結果みたいなものを残したことはないし、ファンなんてついたこともないのでチェスターの気持なんかわかるわけはないのですが、そうなんですがやはりなんでなんだろうってすごく考えてしまいます。もちろん皆さんも同じだとは思いますが。

こんなに栄光を手にしている人の中の悩みって何なんだろう、どんな景色が見えてたんだろう、どれほどまでに追い詰められていたんだろうって本当にわかりません。

ただやはり夢半ばでステージに立つことをやめてしまった自分には見えない景色であることは間違いありません。

 

非常に自分の中で幸せとはなんなんだろうって考えさせられます。

私自身すごく大きいとは言えないもののそれなりの規模の会社で日々仕事をしている中でも大学時代はそんな仕事して何が楽しいんだとか、ペコペコし続ける一生は嫌だとか、自由じゃない人生で歯車として終わるとか、そんな子供みたいなことを考えていましたが、いざ自分がやってみるとやっぱりその中にはそれなりの達成感、満足感、充足感を得るときもあります。

それにやはり企業としてお金を稼いでいるのできれいごとや真面目な考え方ではやっていけません。これはバンドをしている時にはおそらく全く出てこない感情や事象でした。この感情、根回しみたいなことは意外と自分には向いていたみたいで結構平気でやれています。

また、もちろん我慢することは多いですし非常に責任感の多い仕事ですので日々プレッシャーも感じます。もちろん同じ会社の中でつぶれてしまう人も大勢います。

ただ、社会の中でですので結果は出し続けていかなければなりません。

潰された人いても日々社会の動きは待ってくれません。ついていくしかないのです。柔軟に対応していくしかないのです。

こんなことを書いていますがそれなりの給料、生活、安定は約束されます。

仕事の業界、規模の大きさからしたらもしかしたら平均より多いかもわかりません。

しかし、この生活を良いと捉えるのかつまらないと捉えるかは個人次第だと思います。

僕自身も自分自身にどっちの判断を下すのか非常に迷っている最中であります。(正直なことを言うと)

でも時間は待ってくれません。新しいプロジェクトは始まっていきます。年はとります。社内の人たちは結果を残していきます。自分は幸いにも今社内でそれなりの評価をもらっていますが、次は更に上のプレジェクトで継続的に結果を残していくことが会社の中で当然のように求められてくるでしょう。

こんな誰にも知られていないような自分ですらそんな状況です。

有名人、人気者にとってのこの感覚は僕たち一般人では計り知れないものに違いありません。

 

やはりそんな中でも僕は自分といものをもってある意味マイペースに自分と向き合っていきたいです。

今やりたいことは何なのか、何をしたらおもしろいのか、真剣に考えていきたいと思います。もちろんこれは仕事、プライベート問わずです。

本当にやりたかったもの(バンド)をあきらめた自分だからこそそこは貫いていきたいです。実際会社の先輩とかにも僕は平気で意見するので良い評価をもらうこともあればなんだコイツって評価をもらうときもあります。

でもそれが自分なのでしょうがないかなと思います。

他人に押さえつけられて自分の表現を我慢すというのは本当僕の中でなしにしていきたいです。他人の100点のために生きることが自分の人生になってしまうのは本当に恐ろしいことだと思います。

ですが意外とこんな生き方してる人多いと思います。

社会、バンド問わず、ってかバンドやってる人のがこの状況に陥っている人が多いと思います。こうでなくてはいけないみたいな。

自分は偉そうなことは言えた立場ではないし、さっきも言ったように誰かの100点でもないし、自分の100点を押し付けることはしたくないなと思っています。

多分自分の人生生きてるなーって感じれる人が一番幸せなんじゃないかと。

そして自分の人生生きてないな、これからも生きれないなと思うとき死というものが頭をよぎるのかなと今は漠然と感じます。

 

自分は自分の人生を生きてると実感し続けていきたいなと思います。

たとえバカにされることがあっても。

 

今回は本当に多くのことを考えました。

最後にR.I.P Chester Bennington

 

りーちでした。

欅坂46とKREVAの曲をマッシュアップした楽曲がかっこよすぎて

どーもお久しぶりです。

りーちです!

 

最近バタバタで全然更新できてなかったですわ。

 

そんな中で最近面白い楽曲発見したので皆さんに紹介したいと思います。

みなさん「欅坂46」っていうのは知ってらっしゃいますかね。

今飛ぶ鳥を落とす勢いのあるアイドルグループですよね。

乃木坂46の妹分なのかな?

そんか感じでデビューされてたと思うのですがそのグループが発表している楽曲で

「不協和音」という曲があるんですね。

結構同期がバチバチに聴いていて楽曲てしもかっこよくね?と思いました。

最近ライブハウスでも聴くような同期音も多く入ってますよね。

作曲者気になって調べてみたのですが男女2人組のバグベアという方が作曲しているようです。自分は申し訳ないですが今回初めてしりました、、、。

バグベア (音楽ユニット) - Wikipedia

 

さてそしてみなさん「KREVA」というラッパーはご存知でしょうか?

まあ、これは完全に愚問ですかね。

完全に日本を代表するラッパーですね。最近ではニューアルバム「嘘と煩悩」が発売されましたね。僕まだチャックで来てないんでチェックしないと、、、。

 

嘘と煩悩 (通常盤)(CD)

嘘と煩悩 (通常盤)(CD)

 

 ちなみに豆知識ですが、KREVAさん慶応大学出身らしいですよ。(頭ええーー)

 

とまあ、こんな感じで両者全然違うタイプの音楽を何を急に紹介しだすんだという感じだと思いますけど。

 

あ、、やべKREVAさんの楽曲貼ってねえや、、(笑)

 

 

 

という全くジャンル違いの両者をですね組み合わせた楽曲アレンジしたものを最近私見つけまして、それがかなりかっけーんですよねそれがこれになります!

ババン!!!

youtu.be

 

かっちょい~~~~ 

ハイブリット感ありますよね!!!

この楽曲上記にある欅坂46の「不協和音」のサウンドにKREVAの「PROPS」という楽曲のラップが乗っかているような感じですかね。(PROPSの映像見つかりやせんでした)

個人の方がやられているようなのであんまり紹介とかしてもまずいかなと思ったんですがあまりにかっこよかったんで思わず紹介させていただいちゃいました!

(すいません、、、不都合あるようでしたらすぐ消します)

 

こんな感じで異種格闘技みたいな感じですけど合わせてみると意外と普通にかっこいいて感じの多いと思うんすよね。

特に最近アイドルグループの楽曲レベルが上がってきてるといわれてますし。

 

ぜひみなさんもそんな楽曲あったら教えてください!

 

りーちでした。

Stray From The Path と 5lackの新譜を買いました。

こんばんは!!!

りーちです。

相変わらずお仕事お疲れ様です。って感じです(笑)

 

そんな中で今週はCDを2枚買いましたので紹介したいなと思います。

1枚目は前回のブログでも紹介した5lack「Feelin feat.Kojoe」です!

 

Feelin29 Feat.Kojoe

Feelin29 Feat.Kojoe

 

 

 (詳細は下記ブログをチェックしてみてください。)

reach4010.hatenablog.com

 

やっぱかっこいいですねーーー。

以前も紹介したPVになっている「Feelin feat.Kojoe」に加えて

 

 

「Movin Feat. Kojoe」が収録されています。

また、この2曲のインストバージョンが含まれ計4曲で¥1194+TAXでした。

かなりお得ですね。

一曲の「Feelin feat.Kojoe」はまあPVを見ていただければわかるとは思うのですが、

別れたカップルの恋愛をラップしたものになってますね。

結構5lackの曲では珍しいジャンルの曲ですよね。

でもさすがこの感じでも緩くパンチのあるリリック決めてます。

必聴ソングって感じです。

二曲目の「Movin Feat. Kojoe」は今の流行ってる曲はどーなのってちょっと今の音楽界にメッセージ性の曲かなってイメージを受けました。

この曲も5lackにしては珍しい雰囲気の曲なのかなってイメージを受けました。

その辺のありふれtた曲聴いてんならおれの曲聴けよって感じですね。

個人的には激しく同意!!!(笑)

みなさんもぜひぜひ聴いてみてください!

 

さあそして2枚目はですね、NY出身のメタルコア、ポストハードコアバンド、

Stray From The Path「Anonymous」です!

 

Anonymous

Anonymous

 

 

ご存知の方も多いかと思いますが、非常に独走的なサウンドとスクリーム、パッションを感じるバンドですね。

結構サウンドはRage Against The Machineを連想させると評する人もいてミクスチャーやニューメタルっぽい感じもあります。

最近だと大統領選挙の日に新しいPVを公開したことでも有名なバンドです。(笑)

 

所属はあの名門Sumerian Recordsです。

Born Of OsirisとかPeripheryも所属してるレーベルですね。

今回僕が買ったのはそんな彼らの5枚目のアルバム?になるのかなです。(笑)

多分一番有名なアルバムなんじゃないかなと思うんですけど、

 

そんなかでも上の曲が一番有名なのかなと。

Youtubeで彼らを検索したら一番上にでてくる曲です!

結構アルバムを通してがっちしSFTP節がさく裂していて結構ヘビロテ状態です。

スカッとしたいときはかなりおすすめ。

結構怒りにみちあふれてます。

結構社会的なメッセージも多いのでその辺も結構RATMっぽいですよね。

ヘイトのたまってる方はぜひとも聴いてみてくださいな!

 

りーちでした!

 

りーちバンドやめるってさ!!!

こんばんは!!!

 

ご無沙汰してます。

りーちです。

 

みなさんご存じかもしれませんが僕は先日Another Day Comesというバンドを脱退し、ずっと続けてきたバンド活動に区切りをつけました。

あんまり自分自身有名でもないし、なんか発表て形にするのもどうなんだろうとも考えたんですけど、やはりこんな僕でもお世話になった人はいるし音楽活動を通じて仲良くなった人もいたので公式で発表させていただきました。

本当に直接伝えることができなかった人たちに関しましては申し訳ありませんでした。

自分の今後を考えた判断で悔しくないといえばウソなのですが後悔はありません。

今回はそんな自分のバンド人生振り返りたいなーと思います。

正直興味ない人が大半だとは思いますが、(笑)

自分の人生のなかでこのタイミングでしか書けないことですし、記録として記させてください。

 

正直自分のこのバンドやってきた年数で実績なんてほとんどないし思い通りにいったことなんてほとんどなくてできた友達も少ないないし、ほとんどツライことだったなって思うしだけどどうしても憧れた姿に近づきたくて何としてもってしがみついてきて今回のバンドはやっとちゃんと活動できるし頑張るぞって思ってたタイミングで色々重なって脱退を決意してほんと、人生ってやばすぎだなって思いました。

やめるの決断した日は本気で悩んでむっちゃ泣いたけど今後の自分の糧するしかねーかなっていうスタンスで行きたいなって思います。

 

僕がバンドを始めたのは高校2年だったかなそんぐらいの時で初めてのステージがそこでの学園祭でした。

んで3年の時に学園祭のトリで演奏させてもらって今思えばそのライブが人生で一番楽しかったのかもしれません。

あの楽しさをずっと追いかけてたような感覚でした。

何も考えずほんとにライブに没頭できたライブが一瞬で終わるような感覚最高でした。

あのライブから多分僕の人生バグりました。(いい意味も悪い意味も含めて)

もともとドラムというものは中一ぐらいからマーチングバンドで触れていてただその中でもほんとに落ちこぼれだったんですよね。

ただほかの楽器もある中ドラムが一番かっこいいーーと思ってしまって。

今振り返るとほんとに才能と好きって感覚がズレるっていうのは残酷だなって思います。

 そんなこんなで大学生になり、18歳の僕は

あるバンドのライブを見て本気でバンドしたいなーって思います。

それが Crystal Lake です。

ほんとにあの時の衝撃はやばかった。この時はThe Ghost Insideってバンドを見に来てたのですが完全にやられましたね。

当時Crystal LakeはボーカルがRyoさんになったばっかでほんとに今ほど有名ではなかったけど確実にかっこよくてほんとに心動かされました。

あとドラムやんぜ!!!って思わされたのが

当時Infection、今はSiggy Jrでドラムをたたかれてる諸石さんです

今でもそうなんですけど確実に僕のドラムヒーローです。

なんかよくわかんないけどこの人みたいなドラムたたきてーって思いました。

そして本格的にバンド始めたいなーって思った僕は19歳で高校の友達を誘ってバンドを組んで解散して、20歳で先輩と組んでヘタすぎるといわれて解散したり、21歳でやっと本格的に始められるっておもった矢先にバンドメンバーがいなくなったりして、、、

とほんとになんかバンドというものが全くうまくいきませんでした。もちろんその理由に僕の技術的な問題も多く起因していたとは思います。

ただ、バンドをやっているという事実を自分自身が持っていないともう自分が保てなくなっていました。学校内ではバンドを学外で頑張っている子、としてアイデンティーを築いてはいましたが、音楽界隈にでれば全くの無名、ライブハウスに友達すらいない。

毎回一人でライブを見に行っているような人間でした。

そんな僕にも社会人になってやっと本格的に本気でメンバーと対等な立場でできた初めてのバンドがAnother Day Comesだったのかなーって思います。

ほんとに19、、せめて21の時に今のメンバーに出会えれば僕のバンド人生少し違ったのかもなーと思うと非常に悔しいものがあります。

今でもライブハウスに行けば知り合い、仲間が誰かしらいるって人がうらやましいです。そういった仲間がいる人は絶対に大切にして下さい。

 

まあなんか暗い上に非常にとりとめのない話になってしまいましたがそんなこんなで活動を続けていく中で自分の人生でほんとにやりたいことって何だろうと考えたときにもうバンドをやるべきではないなという判断にたどりつきました。

んでこの時僕の10年来の親友でほんとに何から何まで話せて最高の友達がいるんですけどそいつに真っ先に相談、報告をしました。

すると彼からですね

「ずっと続けてきたことをやめる勇気いいね!!!」

という驚きのことばがかえってきたわけですね。

この一言で完全に吹っ切れました。

もう、ほんとに救われました。自分はバンドを続けてきた人間なんだなって思えたし、そういった損得関係ないなんでも話せて価値観が合いまくる親友がいるのは人生勝ったなと。最高です!!!

これから僕はバンドやめますけどいろいろやりたいことが腐るほどあります。

これをどんどんやってく人生にします。

だらだらと長いとりとめのない文章で申し訳ありませんでした。が僕は今最強の気分ですってことが要は言いたかったってことです。

僕が楽しいことしていく中にもし皆さんとかかわることがあればその時はぜひよろしくお願いします。

 

りーちでした。

 

とにかく必聴!現在大注目の天才ラッパーS.L.A.C.Kって何者?

ごぶさたしてます!!

 

りーちです!

 

最近自分はお仕事忙しすぎて狂いそうです。(笑)

プレッシャーに日々さらされております。(笑)

 

そんな中音楽はというとバンドでいろんなライブも着々と決まり非常にありがたいことでございます。

 

さあ!!!!

 

今回の本題ですが、僕はもちろんバンド好きですし日々新しいバンドの情報とかは仕入れYoutubeをあさっているのですがそもそも僕自身ファッションの影響もあってかバンドだけでなくラップがめちゃめちゃ好きなんですね!

大学1年の時は本気でダンス部に入るか迷いました。(笑)

そんな僕、ここ1週間はラッパー熱が再熱し、(定期的に再熱する)ディグリまくってました。

そんなこともあり今回は僕が最も好きなラッパーをちょっと細かく調べてみました。

その名は、S.L.A.C.K このラッパーは僕が大学時代のダンス部の子に教えてもらったラッパーで下記にある「Hot Cake」って曲で一発KOされました。

          ↓  ↓  ↓

 

 

 

むちゃくちゃかっこよくないすか?????

このゆるゆるな感じまじでたまらないのですが!!!

聴いた次の日にCD買いました!!!(笑)

本当にツボ過ぎてやばいです。

 

そこでS.L.A.C.Kさんのこと本格的に調べてい見たのですが、

どうやら近年はS.L.A.C.K→5lackという表記でスラックと読むようですね。

また、日本の中では音楽で売れるために東京に行くというのが流れとしてあると思うのですがこの方東京出身にも関わらず、音楽の成功を収めていくようなタイミングで福岡に移住されてます。インタビュー記事によると生活レベルを保ちながら音楽を続けるのは都会ではなく地方のがいいとのことです。めちゃめちゃかっこいいですね。

基本的にレンジャーでいうとブラックレンジャーのポジションにいたいらしくインタビューの記事でも現在の日本語ラップの在り方について語っておられました。

詳しくは下記の記事で ↓ ↓ ↓

www.excite.co.jp

とにかくネット上にこの人のことを書いた記事がめちゃめちゃ多いです。

現在の注目度の高さがうかがえますね。

5lackさんは人間の本質的なラップを体現しており常に世界基準、世界の中で戦えるような姿を模索する彼の姿にもう音楽業界は大注目のようですね。

またこの既存のオラオラ感の強い日本語ラップと違って本質を極める、ユルそうに見えてどこが寂しげな、人の心をとらえて離さないような楽曲が連発されています。

今現在楽曲のレベルで言ったら日本語ラップの中ではほぼ独走状態ではないでしょうか。

 

最新曲の

「Feelin29Feat.KOJOE」 

 

 

2015年発表の「HNGRIKILLIN!!」

 

 

 こちらの曲等も要チェックです!!!

この人はハズレ曲ないっすね、、ほんと

更にあのレッドブルのCMのこの楽曲!!!

 

 

この楽曲もラップしてるのは5lackさんとのこと!!!

いやーーーまいりました。このCMかっけーなーとは思ってたんですよほんと。

もうなんか天才すぎて、、、

 

更にこの方お兄さんもPUNPEEというラッパーさんでして現在では

あの超人気番組「水曜日のダウンタウン」の挿入歌を担当されている方だそうです。

 

この曲とかそうですね!

 

 またお兄さんの楽曲も聴いてみたのですが、

 

 

 

超かっこいい!!!

この兄弟目が離せないの間違いないです、、、

 

 ここまで調べた中で人気のある中での確かな実力の才能がありまだまだ先を見ている世界基準のラッパーが5lackであることは間違いなしです!

みなさんも要チェックでお願いします!!!

では明日からまたお仕事や学校に頑張りましょー!

 

りーちでした。